コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ベリーたちのシーズン

やっと酒造の仕事が終わったと思ったら、すぐに花のシーズン。

今年はたくさん咲きそうなモミジイチゴ。相変わらず美しい。少し味見が出来たら良いけど。
DSCN1739.jpg

ジューンベリーも芽吹いてきた。花は美しい、味は不思議なベリー。
DSCN1734.jpg

桜も咲いた。畑のサクランボはもう少し先。これも楽しみ。
DSCN1743.jpg

実が成りだしたら忙しくなる
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ラズベリーとクサイチゴ

ラズベリー達は混沌としている。ここに来て多少収穫が増えているけど、ツルの先がさらに伸びている。
結構成っていると思っても、収穫は僅か。
DSC_4497.jpg

クサイチゴも混沌w
夏の間に非常に成長した。現在でもシュートを相当出している。シュートだけ見ればラズベリーとそっくり。
50年位前に食べたのが最後だから来年の収穫が楽しみ。
DSC_4500.jpg

いろいろ調べると、野生のイチゴには施肥に気を遣うようだ。弱い化成または有機肥料を組み合わせる。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

日本の野イチゴ3兄弟

日本の野イチゴを3種類栽培中。とりあえず葉っぱの写真集w
まずはナワシロイチゴ。これはものすごく酸っぱい。完熟でも甘くない。トゲトゲで木になりません。地面を這います。市販のイチゴと同じようにライナーで増える。酸味のきいた良いリキュールになりそう。
DSC_4272[1]

続いてモミジイチゴ。これは甘い(記憶がある)。子供の時良く食べた。これはトゲトゲで木になる。地面は這わない。シュートで増える。甘いリキュールが出来そう。ただしイチゴが黄色なので、どのような色になるか不明。味噌みたいな色になったら嫌だw
DSC_4271[1]

最後にクサイチゴ。これもトゲトゲ、ツルと木の中間。良く分からないけどたぶんシュートで増える。見た目はとてもきれいで良い感じですが、たぶん性格は凶暴wこれも甘いいちごで一番期待してます。これも大昔、野原で良く食べた。結構大きく、丸くおいしい。
DSC_4285[1]

おまけに現在のラズベリー。たくさん蕾と実が付いているけど、枝がツルのようになって始末が悪い。
DSC_4284[1]
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ラズベリーは不思議

ラズベリー(二季なり)について教科書では

春のシュートは秋に実が付く
翌春、実が付いたら枯れる
とある。

うちのラズベリー、今年出たシュートに二種類がある。

7月に蕾がついた枝。
蕾がつかない枝(秋にはつくだろうけど)

何が違うのか?よく観察してみようっと。
去年はナワシロイチゴの花が秋にも咲いたし、よく分からないイチゴたち
DSC_3871[1]
DSC_3874[1]




このページのトップへ
コンテントヘッダー

ナワシロイチゴの種類

「ナワシロイチゴの種類」なんておかしいけど、個体にはだいぶ差があるようだ。

これは信濃町(わざわざ)から採取したもの。目の前の川の土手にもたくさん自製している
DSCN3657-20.jpg
大きい実の直径は約10ミリ、でもこのような実は極端に少ない。

これは近くの山から採取したもの。DSCN3661-20.jpg
直径が15ミリと大きくラズベリー(インディアンサマー)と大差ない。

このような極端に小さい実が少ないのも特徴。
DSCN3665-20.jpg

味は完熟でもかなり酸っぱい。しかし甘い野イチゴもたくさんあるので(モミジイチゴとクサイチゴは甘い)組み合わせによりおいしいリキュールが出来そう。
しかし完成まで何年かかることやら
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ナワシロイチゴ

畑のナワシロイチゴに実が付きました。野生のイチゴでは初めての体験。
来年はモミジイチゴに実が付けば良いけどDSC_3620[1]
実が小さくて実用は無理か
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

motooi

Author:motooi
長野県長野市の酒蔵「東飯田酒造店」で地酒・本老の松を醸しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。